A few words

Blog

ウォールシェルフの試作

だいぶブログの更新をさぼっていました。

facebookやinstagramではちょこちょこ書いているのですが、
オープンラックとウォールシェルフの試作を行っています。

簡単にウォールシェルフを作ろうと考えていたのですが、家の壁は石膏ボードの所がほとんどで、
その壁にある程度の物を載せて耐えられるようにしようとすれば、いろいろと考える事が多くあります。

賃貸マンションなどでは、壁にネジ穴を空ける事はNGで、押しピン程度の小穴であればOKという所が多いので、
石膏ボード用のピン(フック)を使って取り付けられるように考えています。

その上で、本や植物の鉢、小物などを置けるようにと思い、10kg程度に耐えれるよう考えていました。

当初、革で棚板を吊ろうと考えていて、和歌山市内の革職人さんに相談しにいったところ、
革は伸びるので、水平が保てなくなる恐れがあるとのこと。
親身に相談に乗って頂き、いろんなアイデアをもらい、革は基本的に飾りにする方向になりました。

吊り方を考えていて、石膏ボード用のフックあまり目立たないようにと考え、思い立ってやってみたところ、、

↑すこしわかりづらいですが、壁から離れて、傾いてしまいました。。。
冷静に考えれば分かることなのに、、藁を掴むような、、それしか見えていませんでした。(反省)

吊る用のフックは、お客様自身が好きなものを選んで頂く、という方針に立ち返って、
当初の予定通り、上から吊ることにしました。

ほとんど傾きなく収まったので、荷重テストをしてみます。
ドンと!置いてみました。

※総重量約16kg

フック1個の対荷重は7kgなので、単純計算ですが2個で14kg。
すこしオーバーしてしいますが、安全値フックは大丈夫でしょう。

しばらく様子を見てみます。テスト合格しますように。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ
On Key

Related Posts

ブックエンド紹介のお知らせ

整理収納情報Webサイト「HOUSTO(ハウスト)」さまからご連絡を頂き、記事に掲載頂きました。 <見せる収納で、お気に入りの本を好きな場所に飾ろう> https://uchishu.com/item/tabideai/

栗と楢のコートハンガー

だいぶ前になりますが、4月納めるさせて頂いたコートハンガーの写真をアップしました。 高野山麓の 山荘 天の里 さまのご依頼で、デザインから制作させて頂きました。 自然豊かな天野に合うように、使う木を探すところから初めまし

インスタレーションオブモカアンドハイド

和歌山市の珈琲もくれんにて2/14煮日に上演される、香月にいなさんのお芝居「モカアンドハイド」 その舞台道具として、机や椅子、小物を使用・展示して頂いています。 珈琲が美味しくて、とても雰囲気にあるお店なので、よかったら