A few words

Blog

地元の木

今日は、父親の同級生の敷地に、楠の大きな木があるということで見せてもらいに行ってきました。

幹の直径が1m近くあります。どう切ればよいのか、どう運び出すのか、難題がいっぱいです。


でも気になります。どんな年輪を重ねた杢目になっているのでしょう。

どうするか結論は保留にして、敷地整理のお手伝いに。

この木も切るとのこと、、、

枝、気になります。。

気になってたのは私だけではなかったみたいで、地主さんがコートハンガーできるねと。言ってくれたのをいい事に、枝を分けてもらってきました。


大きなのは置いておいてもらうことに。

追記)樹種は榎(えのき)です。地元では「よのみの木」と呼ばれています。
父親や同級生の三人が集まって、やんややんや、わいわい言いながら、なんか良い雰囲気でした。


最近は、素敵なレザークラフトの作家と繋がったり、テーブルのリメイクをしていたりするのですが、また別の機会に書こうと思います。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ
On Key

Related Posts

今年も1年ありがとうございました!

今年も一年ありがとうございました! 工房の壁も塗って、また新しく作品を作り始める準備をしています。 まだまだ試行錯誤していきますが、来年もよろしくお願いいたします。

ブックエンド紹介のお知らせ

整理収納情報Webサイト「HOUSTO(ハウスト)」さまからご連絡を頂き、記事に掲載頂きました。 <見せる収納で、お気に入りの本を好きな場所に飾ろう> https://uchishu.com/item/tabideai/

栗と楢のコートハンガー

だいぶ前になりますが、4月納めるさせて頂いたコートハンガーの写真をアップしました。 高野山麓の 山荘 天の里 さまのご依頼で、デザインから制作させて頂きました。 自然豊かな天野に合うように、使う木を探すところから初めまし