看板を上げました。


作業場に看板を上げました。

まだ表しか彫っていないので、ロープで仮留めしています。

img_3985

看板の板は、かつらぎ町の製材所で仕入れてきた楠の木です。

もともと中央右よりに大きな割れが入ってきていたので、その割れの流れに沿って、板を割っていきます。
img_3917   img_3919

丸ノコで直線に切ることも考えましたが、一枚板の自然な曲線が台無しになってしまう気がして、ノミを楔として、割れを微調整しながら広げていきました。

↓割った後、電気カンナで荒削りします。
img_3920

※電気カンナがねずみみたいで、少しかわいい。

その後、長台鉋で平面を整えていきます。

img_3937 img_3940

文字のデザイン・配置を決めた後、
最終の文字彫刻は父親が行っています。

掘りの深さ・形状によって、見易さと雰囲気が変わってくるので、
実際に掘り進めながら、微調整し、適切なポイントを探していきます。

img_3983

掘った部分の色つけはしていないので、光の当たり具合によって見えづらい時もあります。
文字の色合いをどうするか、、、裏も進めながら考えていきます。

Pocket

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です